ハードディスク

ここでは、ハードディスク に関する情報を紹介しています。
デル株式会社
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここは嗜好を変えてハードディスクの選択基準の1つを
プラッタ辺りの容量と言う単語があります
これはディスク1枚でどれだけの容量があるかを示していますが
例えば500GのHDDがあって
1つが1枚のディスクで500Gの物
もう1つが
1枚のディスクが180G最大のを使用それを3枚で500Gに仕上げた物
2つとも500Gですが1枚で500Gの方が早いです
これは複数のディスクに読みに行くよりは針の移動距離と手間が少ないのもあり読み込みが早い事が多いです
他にも密度が高いと移動距離が減るのもありますがw

その他にもHDDにもメモリを積んでおりそれが大きい方が良いってのもあります
よって同じ容量なら

1 プラッタ辺りの容量が大きい方が良い
2 搭載メモリは大きい方が良い

となります
その他にもメーカーの信頼度などありますのでそこも混ぜつつですねー
スポンサーサイト

ハードディスクとは

家で例えると
収納スペースの多さです。
多いと沢山の物(データ)が置けるので
多ければ多いほどお得かな。
他の予算との兼ね合いもあるけど(’’


メーカーも色々あり
回転速度や基本のメモリの差もあるのが特徴


足りなくなったら足せるので最初は安いのにするのも
予算によってはありです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。